TFCC損傷

  • 痛みでドアノブが回せない
  • 野球やテニスなどの競技中に痛みがでる
  • 料理中に痛みでフライパンを振ることができない
  • 小指側に手首を曲げると痛い
  • 転倒してから手をついてから痛みが続いている

そもそもTFCC損傷という症状はどういうものなのでしょうか?

TFCCとは「三角線維軟骨複合体(Triangular Fibrocartilage Complex)の略で、手首の小指側に存在するものです。TFCCを損傷することで手首の動きに障害をきたし、手関節捻挫と呼称される場合もあります。損傷すると、ドアノブを回すなどの手首を捻る動きで痛みが発生します。

一般的に行われているTFCC損傷の対処や施術は?

電気療法、サポーター!

上記の治療も決して悪いものではないですが、全て対処療法になります。根本的な治療ではありません。その証拠に「治療した時は良くなったけど・・・」そのようなお客様が大半を占めます。

そもそもTFCC損傷の原因は?

外傷や使いすぎ!

損傷の主要因は外傷であり、転倒した際に手をついたり、野球やテニスなどの繰り返しの手首を捻る動作で発生します。その為、手関節に大きな衝撃が加わる事や手関節への過剰の負荷の繰り返しによって発生すると言えます。また加齢による変性が原因となり発生することもあり、必ずしも外傷が原因ではないこともあります。

では、なぜ当院の施術でTFCC損傷に対応できるのか?

特殊な手技治療!

損傷の程度を判断し、炎症の強い場合には当院特製の湿布を用いて炎症を抑えます。その後、痛みを取り除くために特殊な手技治療を用いて痛みを取り除きます。損傷の度合いによっても施術は異なりますが、手首の動きに関連する筋肉の動きを正常に戻すために特殊な電気治療や手技療法を用いて治療を行います。手首の使い方や日常生活に原因がある場合が多いため、日常生活での手首の使い方の指導を行うことによって繰り返しの痛みが出ないようにしていきます。

 

なかなか改善しないTFCC損傷に悩む方へ

TFCC損傷は日常生活での手の使いすぎや使い方によって痛みが起こることがあります。痛みが長期にわたる場合も多く見られ、日常生活に支障をきたす場合も多く見られます。長引く手首の痛み、日常生活に支障をきたす痛みが出る前にやね整骨院にご相談下さい!