腱鞘炎

  • 整形外科で腱鞘炎と診断され、「使いすぎ」と言われた
  • サポーターをして安静にしているのに治らない
  • 腱鞘炎による痛みが強く、家事に支障が出ている
  • 手を使うと親指の付け根が痛い
  • 注射をしても良くならないので手術を考えている

そもそも腱鞘炎とはどういう症状なのか

腱鞘炎とは指や手首を動かすための腱が、手をたくさん使うことにより炎症を起こします。やね整骨院に来院される方はサポーターや、
包帯をして動かさないようにしている人がほとんどです。「使いすぎ」によって起こると言われているため安静にするのが一番です。
と言っても、女性であれば家事があり毎日の食事づくりや洗い物、お子さんがいれば抱っこなど手を使うことが多く、
なかなか安静にすることが出来ませんよね。腱鞘炎になりやすい方の特徴
男性よりも女性の方が多いのが腱鞘炎の特徴です。
更年期以降の女性、妊娠中、出産後の女性、デスクワーク、手芸などで手を多く使う方!

病院やよくある整骨院・整体院での一般的な対処法

腱鞘炎で病院や整骨院にいくと一般的な対処法として

・手術療法
・薬物療法(飲み薬、注射)
・サポーター(固定)
・テーピング
・アイシング

というものがあります。
ですが、なかなかこれでは軽減していないのが実情です。

では、どうしてあなたの腱鞘炎は症状軽減しないのでしょうか?

なぜなら腱鞘炎の本当の原因は使いすぎによる炎症反応だからです

特に日常生活の負担の蓄積が影響しています。

腱鞘炎は使いすぎてしまった結果です。
ドケルバン病は、親指を伸ばしたり広げたりする働きをする腱が、それらを包んでいる腱鞘との間に炎症を起こして発症するのが腱鞘炎です。腱を使いすぎることにより炎症が起き腱が肥大し、その状態でさらに使うことで悪化した結果指の付け根に腫れや痛みを感じるようになります。

ではなぜ当院では腱鞘炎に対応することができるのか?

それは最先端の特殊手技療法を行うからです!

当院ではまず患部に対して特殊な手技療法を行い痛みを抑えます。さらに、再発しない身体を手に入れるための体の使い方、そして筋肉を鍛えることにより根本から症状の軽減をしていきます。

その結果、多くの腱鞘炎にお悩みの方の症状の軽減に向かうお手伝いをさせていただくことができました。

なかなか改善しない腱鞘炎に悩む方へ

病院で診断を受け、薬やサポーターで治療をしてきた方。他の整骨院やマッサージなどで腱鞘炎を改善するために努力してきた方。様々な院で治療を受けると「本当に良くなるのか?」「自分に合った施術なのか?」と不安に思うことも多いはずです。そんなあなたに特別なご料金をご用意しましたので、ご自身の体に合うか試してみてください。一緒に腱鞘炎を改善しましょう!