胸郭出口症候群

  • 肩や腕や手に痺れが出る
  • 手が動かしにくいことがある
  • 慢性的な肩こり
  • 夜中に手が痺れる
  • 姿勢が悪い

そもそも胸郭出口症候群という症状はどういうものなのでしょうか?

胸郭出口症候群は、いわゆる肩こりとして自覚されることがあります。
腕や手に分布する神経や血管が圧迫されることで発症するため、神経症状として首や肩、
腕にしびれやちくちくする感覚、刺すような痛みを覚えることがあります。
神経症状はさらに手先や体幹にもみられることがあります。神経障害が持続すると、筋力の低下もあらわれ、
それに随伴して運動機能にも影響が生じます。具体的には、手の握力の低下、巧緻性の低下(指先が不器用になる)などです。
血管の症状としては、血行の悪化から皮膚が白くなったり、青紫色になったりします。
血行障害で痛みや感覚障害が誘発されることもあります。

一般的に行われている胸郭出口症候群の対処や施術は?

・投薬治療・ストレッチ・良好な姿勢を維持!

一般的には保存療法と言って手術は行われませんが、
良好な姿勢を維持し続けることが多いのです。
重たいものなどを持つことは避けるようにします。
他にも睡眠不足やストレスなどにも関係してきております
規則正しい生活を同時に行うのが重要です。
ただし、物理的に神経の圧迫がある場合には
手術にて頚肋を切除して空間を広げるようにします。

そもそも胸郭出口症候群の原因は?

姿勢と生活習慣!

首には食道や気管、神経や血管、筋肉など多くの組織が密集しています。腕を司る神経や血管は、胸郭出口(きょうかくでぐち)
と呼ばれる部分を通って、首から目的地である腕に向かって走行しています。
胸郭出口を通過する重要な神経として腕神経叢(わんしんけいそう)があります。
また、主要血管として鎖骨下動脈や鎖骨下静脈があります。
胸郭出口にはいくつかの物理的に狭い空間が存在しており、
こうした場所で神経や動脈が圧迫されることがあります。
神経や動脈が胸郭出口で圧迫されることで、胸郭出口症候群が発症します。
胸郭出口の狭窄部位としては、3か所あります。
斜角筋と呼ばれる首の筋肉で構成される部分
鎖骨と肋骨の間
胸の筋肉である小胸筋と肩甲骨との間に構成される部分
こうした狭窄部位で神経や動脈が圧迫を受ける可能性が高く、
それぞれ斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群といった名称がつけられており、
これらを総称して胸郭出口症候群といいます。

では、なぜ当院の施術で胸郭出口症候群に対応できるのか?

悪くなっている姿勢を改善していきます!

当院での治療はなぜその場所に痛みが出たのか?
なぜ神経が圧迫されてしまうのか根本的な原因を探り、
その原因に対しての姿勢の矯正を行うので症状が改善していきます。
そして悪い姿勢にならないように自宅でのエクササイズや
セルフケアの方法をお伝えしますので、
治療後のサポートもさせていただいております。

なかなか改善しない胸郭出口症候群に悩む方へ

我々は症状に対して施術させていただく上で、必ず検査をし全身のお身体の癖や
使い方を重点的に改善をしていきます。
マッサージや電気を当てていても原因に対しての施術を
行っていかないと必ず痛みや症状は戻ってきてしまいます。
ですので痛みや症状が再発しないように施術と自宅での指導をさせていただきます。
この症状でお悩みの方は一度、当院にご相談ください。
スタッフ一同であなたの症状に向き合い改善していきます。