梨状筋症候群

  • 座っているとお尻がと痛い
  • 整形外科で注射を打ったけど、よくならない
  • 梨状筋症候群でマッサージをしたら余計に痛くなった
  • 座っている時より立っている方が痛みが楽になる
  • 最近はお尻だけでなく、ふくらはぎまで痛みが出てきた

そもそも梨状筋症候群という症状はどういうものなのでしょうか?

梨状筋症候群とは、お尻にある梨状筋という筋肉に
坐骨神経が圧迫されているために起こります。
その原因としてはお尻の打撲などによる怪我や、
長時間の座り仕事による圧迫から出る痛みで、慢性的なもの
が考えられます。
座っている時のお尻の痛みが多く、症状が進行していくと
太ももや、ふくらはぎにまで症状が強く出てしまい、
座っていることが困難になります。

一般的に行われている梨状筋症候群の対処や施術は?

痛み止め・薬・マッサージで痛みの緩和!

梨状筋症候群はレントゲンや、MRIでは画像診断が難しく、
適切な判断がされないことがあります。
主にされる治療は痛み止めの注射、薬です。マッサージを
して痛みを緩和させることもあります。
なかなか改善しない方は自分自身でストレッチなども
頑張っていますが、やね整骨院グループに来院されている方は
それでも症状が良くならなかった方が多いです。

そもそも梨状筋症候群の原因は?

日常生活における姿勢不良が原因!

梨状筋症候群は姿勢を崩した状態で座っていると、
坐骨神経が梨状筋に圧迫され痛みになってしまいます。

例えば背もたれにもたれていたり、足を組んで座っていると骨盤は
歪んできます。その歪みを改善しなければ痛みの改善は難しいと
いえます。
骨盤の歪みを取り除くだけでなく、日常生活動作も見直し、
片側に体重をかけてしまう動作を避けなければ、骨の歪みは筋肉を硬くさせ、
神経を圧迫する原因になるので、骨盤の歪みを改善、
日常生活のケアをしていくことが梨状筋症候群を治す近道です。

では、なぜ当院の施術で梨状筋症候群に対応できるのか?

骨盤の歪みを整え、左右バランスを整える必要がある!

やね整骨院グループでは、骨盤の歪みはもちろんのこと、
背骨、筋肉の緊張具合、動作チェックも行うことで、
日常生活動作での負担がかかってきている場所を分析し、
施術していきます。歪みを整える専用ベッドも完備し、
ボキボキといった施術ではなく、無痛かつソフトで安全な施術で
梨状筋症候群を改善させます。
さらに、骨盤周囲のインナーマッスルを強化するトレーニングも
行なっており、今後同じような症状が出ないように骨盤を安定
させる当院独自のトレーニング指導で更に改善していきます。

なかなか改善しない梨状筋症候群に悩む方へ

一般的な処置では、どこでも行われるマッサージや局部での電気治療など・・・一時的には緩和するのですが、時間が立てば元に戻るのが多いのではと思います。
その都度、いいところがないかと調べては同じことを言われ・・・では、根本的な原因まで検査してお伝えしていないのだと思います。
全身を検査することで、納得できる治療計画が提案できると思います。トレーニング施設も併設していますので、痛みのでない身体づくりが可能となります。