手根管症候群

  • 手がしびれている
  • 手に力が入らない
  • 手の親指の付け根が痩せているように見える
  • 手の親指から薬指にかけて痺れが強い
  • 注射や痛み止めを飲んでいるが改善しない

そもそも手根管症候群という症状はどういうものなのでしょうか?

手根管症候群とは、手首にある手根管というトンネルの中を通っている神経が圧迫されて、痛みやしびれを発症させる疾患になります。重症度にもよりますが、人差し指や中指にしびれを感じたり薬指や親指にまでしびれを感じるようになります。その結果、細かな作業にも支障をきたし、生活動作にも影響が出てしまいます。

一般的に行われている手根管症候群の対処や施術は?

マッサージ、電気療法、湿布、サポーター!

上記の治療も決して悪いものではないですが、全て対処療法になります。根本的な治療ではありません。その証拠に「治療した時は良くなったけど・・・」そのようなお客様が大半を占めます。

そもそも手根管症候群の原因は?

関節、筋肉の動きが悪い状態で手を使っているから!

「手首を動かす」という動作は肩甲骨から肘、手首へと力が伝わって動かすことができますが、個々の関節が固く、動きも悪い状態だと手首にかかる負担も大きくなり結果として圧迫→しびれへと繋がっていきます。

では、なぜ当院の施術で手根管症候群に対応できるのか?

骨格の調整とその原因となる使い方を改善するから!

手根管症候群の場合は、手首に負担をかける肩、腕の状態になっているので、全身を整えた後に肩、肘、手首へと骨のバランス、又筋肉の調整を加えていきます。

なかなか改善しない手根管症候群に悩む方へ

細かい作業やデスクワーク、運搬作業など様々な要因から引き起こしやすいのが手根管症候群ですが、症状が出るのには原因があります。その原因をいち早く探し、治療できるのがやね整骨院グループの特徴であります。一日でも早く今まで通りの生活に戻れるよう、悪化する前に症状を改善しましょう。