側弯症

  • 小・中学校の検診で側弯を疑われた
  • 肩の高さが左右で違う
  • 前屈をすると背中の高さが左右違う
  • ウエストラインが左右非対称
  • 片側の肩甲骨が飛び出ている

そもそも側湾症という症状はどういうものなのでしょうか?

側弯とは、脊柱を正面から見た際に左右に曲がっている状態を側湾と言います。
また、側弯には「構造的側弯」と「機能的側弯」の2種類が存在します。
構造的側弯は、脊椎自体に異常がある為に起こる側弯を言い、姿勢などを正しても矯正する事ができない側弯。
機能的側弯は、外的要因(日常での不良姿勢、ヘルニアなどの痛み、骨盤の歪み)によるもので、要因を取り除く事で矯正が可能な側弯を言います。

一般的に行われている側弯症の対処や施術は?

経過観察!

一般的に行われるものは、側弯症の度合いにもよりますが、整形外科にて経過観察、装具治療、手術治療が行われます。

そもそも側弯症の原因は?

構造的側弯の8割〜9割は特発性(原因が不明なもの)で、その他の1割程度は起因する病気があるものです。

対して、機能的側弯の原因は、日常的な不良姿勢での側弯や椎間板ヘルニアの痛みによる側弯、骨盤の歪みにより脊柱に影響を及ぼす側弯などがあります。
構造的側弯に関しては、装具固定や状態に応じては手術の必要もありますが、機能的側弯についてはその要因となる物を取り除くことにより正常な脊柱の位置へと矯正する事が可能になります。

では、なぜ当院の施術が側湾症に対応できるのか?

機能的側弯に対して施術を行なっております!

まずは、何が原因となり側弯を引き起こしているのかを突き止める為に問診や全身評価の検査を行います。
その結果に応じて施術は異なりますが、姿勢不良による側弯が多く、その場合は骨格の矯正をメインとした施術をさせていただきます。
骨格矯正は1度や2度受けて調節されるものではありませんのでその方に合った施術計画を立て、適切な施術を提案いたします。

なかなか改善しない側弯症に悩む方へ

ご自身で側弯の原因がわかっておられる方はまずいません。
それどころか側弯である事に気付いておられない方がほとんどです。
姿勢やお身体の痛みでお悩みの方は一度、ご相談下さい。