テニス肘

  • 肘の痛みが強くて大好きスポーツができない
  • ペットボトルの蓋を開けるのも痛い
  • 肘に湿布やマッサージ、ストレッチをしても良くならない
  • 使いすぎが原因と言われたが思い当たらない
  • テニスをしてないのに「テニス肘」と言われ、肘が痛い

そもそもテニス肘という症状はどういうものなのでしょうか?

テニス肘は正式には『上腕骨外側上顆炎』と言い、肘の外側の炎症のことを言います。
テニスをしていてバックハンドでボールを打つ時に痛めやすいことからテニス肘と言われますが、
最近はテニスをしたことがないビジネスマンにも多く発症しています。
テニスをしていて痛める他、スマホやパソコンの作業が多かったり、重いカバンを持ち続けるなど、
手や腕の使いすぎから肘の外側が痛くなると言われています。
ドアノブを回す時、ペットボトルのふたを開ける時、タオルを絞る時など、日常生活で痛みが現れます。

一般的に行われているテニス肘の対処や施術は?

テニス肘は一般的には湿布や痛み止め、ステロイド注射、
テニス肘用のバンド、温熱療法、電気療法、マッサージやストレッチがあります。
1番大切なのは安静にすることだと言われていますが、
全てその場しのぎの痛みを取る治療と言われています。

そもそもテニス肘の原因は?

指や手の関節を伸ばす筋肉には、長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、
総指伸筋などがあり、これらが相互に作用することで手首や指が伸びる働きをしています。

上記の伸筋の腱組織は、上腕骨の一部である『外側上顆』と呼ばれる肘の外側にあたる部分に付着しています。
ものを持ち上げたり、手をひねったりする動作を繰り返すと、慢性的に外側上顆に炎症が引き起こされ、
結果として上腕骨外側上顆炎が発症します。
この筋肉はテニスをする時にも多く使う筋肉で、テニスプレーヤーに多いことからテニス肘とも呼ばれています。

では、なぜ当院の施術でテニス肘に対応できるのか?

なぜやねメディカル整体院がテニス肘に対応できるのか?

当院でテニス肘を治療する際には2つ方法があります。
1つ目は『電気と超音波のコンビネーション治療』、2つ目は『鍼灸治療』です。
普通の電気治療とは違い、さらに体の奥深くに刺激を浸透させ、痛みの軽減や
治癒促進を促すことができる治療です。
テニス肘に対する鍼治療は傷んでいる筋肉をピンポイントで刺激し、回復を促す治療ができ、
体内に刺した鍼に電気を流すことで、さらに高い効果を得ることも可能です。
仕事やスポーツ、日常生活に支障をきたす症状を少しでも早く回復させる治療を行なっています。

なかなか改善しないテニス肘に悩む方へ

当院では仕事やスポーツ、日常生活に支障をきたす症状を
少しでも早く回復させる治療を行なっています。
痛みを早く取り、再発しない体を当院で手に入れましょう!