テニス肘

  • 肘の痛みで大好きスポーツができない
  • ペットボトルの蓋を開けるのも痛い
  • 肘に湿布やマッサージ、ストレッチをしても良くならない
  • 使いすぎが原因と言われたが思い当たらない
  • テニスをしてないのに「テニス肘」と言われ、肘が痛い

そもそもテニス肘とはどういう症状なのか?

テニス肘は正式には『上腕骨外側上顆炎』と言い、肘の外側の炎症のことを言います。
テニスをしていてバックハンドでボールを打つ時に痛めやすいことからテニス肘と言われますが、
最近はテニスをしたことがないビジネスマンにも多く発症しています。
スマホやパソコンの作業が多かったり、重いカバンを持ち続けるなど、
手や腕の使いすぎから負担がかかり、肘の外側が痛くなると言われています。
ドアノブを回す時、ペットボトルのふたを開ける時、タオルを絞る時など、日常生活で痛みが現れます。

病院やよくある整骨院・整体院で一般的な対処法

テニス肘で病院や整骨院にいくと一般的な対処法として

・湿布や痛み止め
・ステロイド注射
・サポーター、テーピング
・電気療法

というものがあります。
ですが、これでは対応できないのが実情です。

では、どうしてあなたのテニス肘は軽減しないのでしょう?

なぜならテニス肘の本当の原因は使いすぎだからです

特に指や手首を伸ばす筋肉の使いすぎが影響しています。

指や手の関節を伸ばす筋肉には、長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、
総指伸筋などがあり、これらが相互に作用することで手首や指が伸びる働きをしています。

上記の伸筋の腱組織は、上腕骨の一部である『外側上顆』と呼ばれる肘の外側にあたる部分に付着しています。
ものを持ち上げたり、手をひねったりする動作を繰り返し行うと、慢性的に外側上顆に負担がかかり、炎症が引き起こされ、上腕骨外側上顆炎が発症します。

では、なぜ当院ではテニス肘に対応することができるのか?

それは、特殊手技治療で痛みを軽減させていくからです。

姫路・やねメディカル整体院では特殊な手技治療を用いて痛みを軽減させていきます。
さらにハイボルテージという特殊な電気を用いて筋肉の奥深くまで刺激を浸透させ、痛みの軽減や治癒促進を促していきます。
痛みが軽減してきた時点で指や手首から全身へと視点を変えて施術していきます。
姿勢が悪いことで使い方に問題があり、過度に負担が結果的に肘への負担になっているなら、それを取り除いてあげないと本当に治ったとは言えません。

その結果、多くのテニス肘でお悩みの方を症状軽減に向かうお手伝いを
させていただくことができました。

なかなか軽減しないテニス肘に悩む方へ

病院で診断を受け、他の整骨院やマッサージなどでテニス肘を軽減するために努力してきた方。様々な院で治療を受けると「本当に良くなるのか?」「自分に合った施術なのか?」と不安に思うことも多いはずです。 そんなあなたに特別なご料金をご用意しましたので、ご自身の体に合うか試してみてください。 一緒にテニス肘を根本から軽減していきましょう!