オスグッド・シュラッター

  • 痛みで思うように動く事ができない
  • 少し痛みが治まっていても運動をするとぶり返す
  • サポーターやテーピイングで誤魔化している
  • 何をしてもなくならない膝の痛み
  • 成長痛だから安静にと言われて部活を休んでいる

そもそもオスグットという症状はどういうものなのでしょうか?

オスグッドは正式には「オスグッドシュラッター病」と言います。

10~15歳頃のスポーツをしている成長期の子供に多くみられ、膝のお皿の下の骨が出っ張って痛むという疾患です。

ひどいと腫れたり、熱感を持つこともあります。

安静にしていると痛みが引くと言われていますが、良くなったと思ってスポーツを始めると、また痛みが出てきたりします。

歩いたり走ったりすると痛い。正座ができない。膝の曲げ伸ばしが痛いなどの症状が出てきます。

一般的には、使いすぎや成長痛、太ももの前の筋肉が固いことが原因と言われています。

一般的に行われているオスグットの対処や施術は?

マッサージ、ストレッチ、安静!

・安静
・薬物療法(湿布、痛み止め)
・温熱療法
・アイシング
・マッサージやストレッチ
・サポーター
病院に行っても湿布を貼ったり、温めたりして、安静をすすめられるだけのことがほとんどです。治療院ではマッサージしたり、電気をかけるだけになってしまうことが多いです。

安静にして一度良くなったと思っても、運動を始めるとまた痛くなることも多いです。

そもそもオスグッドの原因は?

身体の使い方!

小学生高学年から高校生はまだ成長期な為、足の脛骨という骨もまだ成長している時期で成長軟骨の部分があります。

その成長軟骨は、成長しきった骨に比べると柔らかく、過度に引っ張られたりしてしまうと傷みやすく、さらに骨が剥がれてしますことがあります。

ジャンプやダッシュをしたりと、膝の曲げ伸ばしをする度に太ももの筋肉(大腿四頭筋など)が縮んで硬くなり、成長軟骨の部分を引っ張る力が加わります。

その為、成長期にスポーツをやられているお子さんがオスグッドになりやすいのです。

では、なぜ当院の施術でオスグットに対応できるのか?

オールハンド施術!

やね整骨院グループでは、オールハンドで施術を行います。他院で行なっている電気治療やテーピング、サポーターは一切行いません。
超簡単な自宅セルフケア指導も行い、再発防止までサポートいたします。

 

なかなか改善しないオスグットに悩む方へ

安静にしたり、湿布や薬で治療してきたり、マッサージやストレッチをしてもなかなか良くならなかった方。そのようにオスグッドを改善するために努力してきた方の中には「本当に良くなるのか?」と不安に思うことも多いはずです。

私たちがその不安を吹き飛ばしますので、一緒にオスグッドを改善しましょう!