アキレス腱炎

  • 運動した後に痛みが出る
  • 踏ん張る動きで痛みが出る
  • スポーツや運動を休んでいるのに痛みが改善しない
  • 湿布や薬が効かない
  • 2ヶ月経ってもまだ痛みが残る

そもそもアキレス腱炎という症状はどういうものなのでしょうか?

ふくらはぎから踵に向かっていく過程で「アキレス腱」と名前が変わるのですが、アキレス腱炎はふくらはぎや足首への繰り返しのストレスが、腱に加わることで微細な損傷を起こし炎症を起こすものをいいます。痛みを繰り返すことにより腱自体が瘢痕化(はんこんか)(簡単に言うならば、かさぶた)が起きて弾力性が低下します。低下することで一層少しの負担でも痛みが出やすくなります。

一般的に行われているアキレス腱炎の対処や施術は?

安静、マッサージ、ストレッチ!

炎症症状は安静にするだけでは落ち着きません。又、炎症症状が出ている状態でマッサージ、ストレッチを行うとさらに悪化してしまう恐れがあります。治療後に一時的に楽になったと感じるのは、血流量が増したことにより脳が楽になったと感じているだけで根本治療にはなりません。少し運動をするとすぐに痛みが出てしまうのを繰り返している方は要注意です。

そもそもアキレス腱炎の原因は?

下半身の筋肉の固さがあり、柔軟性がないため!

アキレス腱は単独で動いているのではなく、下半身の沢山の筋肉も同時に動いてくれています。しかしながら、下半身の筋肉に負担がかかると足の一番下にあるアキレス腱がカバーすることになり、アキレス腱の固さが生まれます。当たり前ではありますが、他の筋肉が動くようになればアキレス腱への負担も軽減します。又、足底の骨はアーチ状になっていてクッションの役割をしているのですが、筋肉の固さが著名に出ると圧力に負けてしまいクッションの効果は薄くなり、一度は聞いたことのある「扁平足」になります。

では、なぜ当院の施術でアキレス腱炎に対応できるのか?

骨盤〜踵までの骨格を整え、身体の使い方を改善するから!

まずは痛みを抑えるための施術を行います。ただ、アキレス腱ばかりを施術しても症状は繰り返してしまいます。骨盤や下半身の骨格を整え、筋肉が正常に働いてくれる環境を作ることができるのが、やね整骨院グループの強みであります。その後自宅でできるストレッチ、トレーニングまでお伝えすることにより根本から改善する環境を作り出します。

 

なかなか改善しないアキレス腱炎に悩む方へ

特にスポーツをしている方に多いのが特徴ですが、そのうち治るだろうでは悪化する一方です。悪化すると時間もかかりますので、違和感、痛みを少しでも感じたらまず当グループで一度診させてください。最適な改善プランをご提案させて頂きます。