アキレス腱炎

  • 運動した後に痛みが出る
  • 踏ん張る動作で痛みが出る
  • スポーツや運動を休んでいるのに痛みが軽減しない
  • 湿布を貼ったり薬を飲んだりしているが効果がない
  • 1ヶ月経ったが痛みが残っている

そもそもアキレス腱炎とはどういう症状なのか?

ふくらはぎから踵に向かっていく過程で「アキレス腱」と名前が変わるのですが、アキレス腱炎はふくらはぎや足首への繰り返しのストレスが、腱に加わることで微細な損傷で炎症を起こすものをいいます。痛みを繰り返すことにより腱自体が瘢痕化(はんこんか)(簡単に言うならば、かさぶた)が起きて柔軟性が低下します。柔軟性が低下することで少しの負担でも痛みが出やすくなります。

病院やよくある整骨院・整体院での一般的な対処法

アキレス腱炎で病院や整骨院にいくと一般的な対処法として

・安静指示
・マッサージ
・ストレッチ
・電気療法
・温熱療法
・痛み止め、注射、湿布

というものがあります。
ですが、なかなかこれでは対応できないのが実情です。

では、どうしてあなたのアキレス腱炎は軽減しないのでしょうか?

なぜならアキレス腱炎の本当の原因は筋肉の柔軟性が低下しているからです

特にふくらはぎの筋肉に固さがあり、柔軟性が低下しているため!

アキレス腱は単独で動いているのではなく、下半身の多くの筋肉が同時に動いています。しかし、下半身の筋肉に負担がかかると足の一番下にあるアキレス腱がカバーすることになり、アキレス腱の固さが生まれます。当たり前ではありますが、他の筋肉が動くようになればアキレス腱への負担も軽減します。

又、足底の骨はアーチ状になっていてクッションの役割をしているのですが、筋肉の固さが出ると圧力に負けてしまいクッションの効果は薄くなり、皆さん一度は聞いたことがあると思いますが、「扁平足」と呼ばれるものになります。

では、なぜ当院ではアキレス腱炎に対応することができるのか?

それは骨盤〜踵までの骨格の歪みを整え、身体の関節の使い方を見直していくからです。

まずはアキレス腱炎の痛みを軽減させる施術を行います。
ただ、アキレス腱ばかりを施術していても、根本から軽減していかないと炎症は繰り返してしまいます。
姫路・やねメディカル整体院の強みは、アキレス腱炎を根本から軽減していくために骨盤や下半身の骨格を整え、筋肉が正常に働いてくれる環境を作れることです。
その後、自宅でできるストレッチをお伝えすることで、より根本からアキレス腱炎に対応できる身体の環境を作り出します。

その結果、多くのアキレス腱炎にお悩みの方を症状軽減に向かうお手伝いを
させていただくことができました。

なかなか軽減しないアキレス腱炎に悩む方へ

病院で診断を受け、他の整骨院やマッサージなどでアキレス腱炎を軽減するために努力してきた方。様々な院で治療を受けると「本当に良くなるのか?」「自分に合った施術なのか?」と不安に思うことも多いはずです。 そんなあなたに特別なご料金をご用意しましたので、ご自身の体に合うか試してみてください。 一緒にアキレス腱炎を根本から軽減していきましょう!