かかとの痛み

  • 足の裏とかかと周囲が痛い
  • 足の裏〜かかとにかけて押すと痛い
  • 朝起きて歩く1歩目が痛い
  • 夜寝るときに痛み出す
  • 長時間歩いたり、走ったり運動した後に激痛で歩けない

そもそも、かかとの痛みとはどういう症状なのか

足の裏には足底筋膜という筋肉があり、かかとの骨にくっついています。足底筋膜への負担が大きくなると足底筋膜がかかとの痛みを繰り返し過度に引っ張り過ぎてしまい炎症を起こします。

病院やよくある整骨院・整体院での一般的な対処法

かかとの痛みで病院や整骨院にいくと一般的な対処法として

・マッサージ
・ストレッチ
・テーピング
・電気療法
・アイシング
・痛み止め、湿布

というのものがあります。
ですが、なかなかこれでは対応できないのが実情です。

では、どうしてあなたの、かかとの痛みは軽減しないのでしょうか?

なぜなら、かかとの本当の原因は使いすぎだからです

使いすぎや疲労物質の蓄積などにより、足底筋膜の周りにある脂肪組織との癒着(くっついてしまう状態)を起こし、動きが悪くなりそれを無理にやり続けてしまうことが負担を大きくしてしまう原因です。

ではなぜ当院ではかかとの痛みに対応することができるのか

当院では、かかとの痛みに「なぜ、炎症が起こるのか?」を考えます。
今、来院されている患者さんの体を検査すると、足の裏だけに問題があるわけではなく、骨盤、股関節、膝関節のゆがみが足の裏に炎症を起こす原因だとわかります。
また、足底筋膜は踵(かかと)の骨から指の付け根の骨に付いています。そのため足の骨の歪みが強い方にも足底筋膜炎は起こる特徴があります。
当院ではかかとの痛みが改善するために2つのことをしています。
1つ目は「骨格の矯正」2つ目は「体の使い方の見直し」です。
当院ではかかとの痛みに対して、ストレッチだけや、足の裏のマッサージで施術を終えることはありません。根本的に歪んでしまっている骨自体の矯正を行い、筋肉の炎症を取り除いていきます。
当院で行う骨格矯正はアメリカのカイロプラクティック理論に基づいたトムソン・テーブルを用いたドロップテクニックを行う施術になっています。 そのため私が強く押すことはありません。施術者側が押してしまうことで刺激が多く入り、痛みが強くなってしまうリスクも伴います。 そんなリスクを最小限にするために患者さんに合い、なおかつ症状が軽減していくための刺激で調整をしていきます。
そして、施術をした後に日常生活に戻り、日常で体の使い方が悪ければ、かかとの痛みになる原因をまた作ってしまい、痛みを軽減できなくなってしまいます。

なので、私たちは2つの方法を用いてサポートいたします。

その結果、多くのかかとの痛みでお悩みの方を症状軽減に向かうお手伝いを
させていただくことができました。

なかなか軽減しないかかとの痛みに悩む方へ

病院で診断を受け、他の整骨院やマッサージなどでかかとの痛みを改善するために努力してきた方。様々な院で治療を受けると「本当に良くなるのか?」「自分に合った施術なのか?」と不安に思うことも多いはずです。 そんなあなたに特別なご料金をご用意しましたので、ご自身の体に合うか試してみてください。 一緒にかかとの痛みを改善しましょう!