神経痛・痺れ

やねメディカル整体院痺れイメージ

  • 手先がこわばり指が動かしにくい
  • 痺れて力が入りにくい
  • お尻から足先までビリビリ痛むように痺れる
  • 病院でヘルニアと言われた事がある
  • 手先の感覚が手袋をつけているように鈍い

神経痛・痺れについて|姫路・やねメディカル整体院

原因

神経痛とは、様々な原因のもとに末梢神経が刺激される事で生じる痛みです。冷えやストレスは、痛みに対する感受性を高め、神経痛を引き起こしたり、助長して悪化する原因になることがあります。また、椎骨の間にある椎間板の一部が飛び出して神経の根元を圧迫する椎間板ヘルニアや、神経が通っている脊柱管が狭くなって神経を圧迫する脊柱管狭窄(せきちゅうかんきょうさく)が神経痛の原因にもなります。さらに、手首の神経が圧迫されて腱に炎症を起こす手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)、その他腫瘍ができて神経の根元を圧迫する場合や、帯状疱疹の後遺症によるものも原因の一つです。

状態

神経痛の中でも特に多いのが三叉神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛の3つです。三叉神経痛は、顔の筋肉を支配する神経の痛みで、多くは、脳に流れる血管がこめかみで神経に触れたり、神経を圧迫して起こり、目、あご、頬を中心に、突然、ぴりぴりと痛みがあらわれます。肋間神経痛は、肋骨に沿って激しい痛みが起こります。主に帯状疱疹や変形性脊椎などの脊椎の疾患などが原因になります。帯状疱疹では、治癒した後に後遺症として神経痛が残ることがあります。坐骨神経痛は、お尻から大腿、ふくらはぎ、足の裏に通る神経が圧迫され起こる痛みです。主に、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄などによって引き起こされます。

姫路・やねメディカル整体院の『神経痛・痺れ』施術法

姫路・やねメディカル整体院での施術

検査・カウンセリングで神経痛が出ている範囲や動きの中での痛みの出現などから、どこに原因があるのかを把握します。そして、末梢神経の圧迫を取り除く為に、筋肉治療を行ったり、姿勢が原因となるものには姿勢矯正を行い原因を取り除きます。また、特殊な電気治療を行うことで即効性のある回復も期待できます。

症例 | やねメディカル整体院 姫路院

  • 姫路市 西郷町 40代 肋間神経痛

    40代女性の患者様で、数年前からの肋間神経痛に悩まされていました。
    特に姿勢を変える時や物を持った時などに痛みが発生するものです。
    病院にも通われていましたが、その時の痛みが良くなるだけで時間が経てばまた痛んでくるので、インターネットで探して頂きやねメディカル整体院に来て頂きました。

    当院で検査をすると首が前に傾き、肩も内に巻いていることから猫背の姿勢がある事がわかりました。
    また、肋間神経痛以外にも何十年とある肩こりの症状もあり、左右で筋肉の膨隆に違いが見られるほど左右さもありました。

    原因は筋肉の緊張が強くあることで姿勢を変えた際や物を持つ際に筋肉が神経を圧迫してしまう事にあった為、当院の矯正と筋肉治療を受けて頂き症状の改善が見られました。
    治療前は痛みで家事をするのも億劫でしたが今では何も気にせずに生活できると喜んで頂けました。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。